新しくなったプリンター

インクとトナー

ここではプリンターに使われている印刷の方法を説明する。この違いがあることによって、プリンターの住み分けが自然と行われるのである。
最大の違いは使うトナーとインクである。

» 詳細を確認する

速度が違う

インクジェット印刷をする際、画像を読み取った後は少しずつ紙が排出される。
こうした排出のされ方からも分かるように、速度が早い方が大量な印刷が必要なオフィスに適している。

» 詳細を確認する

家庭に普及した理由

インクジェットプリンターは家庭で最も普及している印刷方法であるが、これは画像の印刷がしやすいといった性質のためである。
その上安価で手に入るという特性もあり、広まった。

» 詳細を確認する

消費電力が少ない

消費電力を抑えることは、家庭には欠かせないことである。家庭で契約している電力量は制限があるためである。
こうした求める条件に総合的に合っているのが、インクジェットである。

» 詳細を確認する

企業にも有用

インクジェットプリンタは、消費電力が低いため、省エネに役だっている。
社会全体が、省エネに動いている現代においては、消費電力が低い電化製品が求められる傾向にある。

» 詳細を確認する

インクの開発

企業向けにも注目されているのは、消費電力の安さだけではない。
インクジェットプリンターの開発も進められており、印刷方法や使うインクにも違いが生まれてきているのである。

» 詳細を確認する

住み分けと新機能

インクジェットプリンターは、主に家庭を中心として購入され、使用されてきた。
対して、企業で使うオフィスプリンターといえば、ファックス通信機能などがついたレーザープリンターであった。

インクジェットプリンターの特徴から、そうした住み分けが行われてきたが、今ではオフィス用のジェットインクプリンターも多く開発されている。
このため、この住み分けはどんどん薄れてきている。

ここでは、どんな点が原因となり、家庭用と企業用といった住み分けがされてきたのか、または新しいインクジェットの機能について見ていくことにする。

オススメリンク